· 

在宅勤務

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止対策で、「在宅勤務」を行っている方が増えていると思います。

障害者雇用と在宅勤務は、なかなか相性がいいようです。

発達障害のある方が、在宅勤務に変更したとたん、集中力が増して、目標の業務量を達成することができた、という話を聞きました。勤務箇所では集中しやすい環境を作ってもらっただろうと想像しますが、我が家は最も安心する環境だったのでしょう。また通勤の不安や他者からの視線が少なくなった、などがあるかもしれません。

労務管理のことや、取り組み事例などを紹介した内容を加えて、後日お伝えしたいと思います。

(管理人)