· 

シブコのメンタル

昨年のゴルフ・全英オープンで、時の人となった、渋野日向子プロ。「スマイルシンデレラ」と呼ばれるくらい、彼女の笑顔は素敵です。今年の全米オープンでは、首位に立ちましたが、準備が足りなかったのか、満足のいく結果を得ることができませんでいた。

渋野プロは、感情を表に出して結果が伴わなかったことを反省し、プレー中は常に笑顔を心掛けていて、「トラブルになっても、笑っていれば何とかなる」と考え直したそうです。

 

ゴルフをやっている方ならお分かりになると思います。ライが悪いとか、バンカーの砂が重いとか、同伴競技者が不調でつられたとか、練習不足とか、クラブが悪いとか、寝不足とか、寒かったとか、暑かったとか、いくらでも言い訳できます。

だけど、ちょっとの運と、自分との闘いなのです。

 

笑いヨガ、というのがあります。嘘笑いでも、口角を上げても、脳が笑っていると判断して、自然な笑いが出るようになり、脳がリラックスすることを生かした、ヨガです。奈良の薬師寺での講話が始まる前には、これを行います。

 

これは聞いた話なのですが、オーバーワークによるうつ病を発症して、長年患っていた方が、お笑い番組の観覧に行き、思いっきり笑ったそうです。それを機に、快復しました。

 

ただし、笑いにも礼儀があると思います。相手を不快にさせない笑いを心掛けたいですね。