· 

コンフリクト

障害者雇用で生じる「コンフリクト」、その原因と対策

 

このタイトルを見て、まず、「コンフリクト」という言葉を知らなかった。

【コンフリクト(Conflict)は、英語で論争・争い・衝突などを意味する言葉です。現在では、ビジネス用語としても使われるようになりました。ビジネスにおいても、コンフリクトは対立や衝突などを意味しています。】

…なるほど。

 

コンフリクト 障害者 で検索すると、「施設コンフリクト」という言葉がでてきた。施設コンフリクトは、一般的に「社会福祉施設の新設などにあたり、その存立が地域社会の強力な反対運動に遭遇して頓挫したり、あるいはその存立の同意と引き換えに大きな譲歩を余儀なくされたりする施設と地域の間での紛争事態」と概念づけられています。

 

 

障害に関する情報共有がなく周囲が「あの人だけ特別扱いだ」と不満を抱えるケースがあります。背景には、人事部や部署のトップが差別につながるのを恐れて情報共有を躊躇したり、障害者自身が周知を望まなかったりという事情があります。

 

コンフリクトを回避するには、会社、障害者、職場の同僚の相互理解が不可欠です。そのためには、まず会社から障害者本人に障害を周知しないことのリスクを伝え、障害内容の伝え方、障害配慮の内容、周知する範囲を話し合い、了承を得ることが大事で、入社前の実施が理想的です。しかし、対策を講じてもコンフリクトは発生し得ます。経営層はこのことを心得て、現場任せにせず企業としてどう臨むか方針を決定してください。