当センターへ相談をいただいた企業の事例紹介です。

企業担当者様と情報を共有しながら、雇用に向けてのサポートを行っています。


相談事例紹介(荏原工業洗浄株式会社、事務補助)

2019年8月上旬

荏原工業洗浄株式会社から企業応援センターかわさき(以下センター)に障害者雇用の相談を受ける。

【荏原工業洗浄株式会社からの相談内容】

 ・障がい者の採用計画がなく、どうやればいいのか全く分からない状態である。

・常用雇用労働者人数(49名)で納付金対象にはならないが、社会的責務から雇用を進めたい。

・事務補助での雇用を検討している。

・採用担当者が障害者雇用に対する知識をつけてから、社内に周知し、雇用する予定である。

 8月下旬

 センター担当者が荏原工業洗浄株式会社に訪問する。

社内の見学を行う。

現状のヒアリングを実施する。

雇用相談の進め方の説明を行う。

直近の研修会等の提案を行う。

9月上旬

採用までの実施計画予定案を提案する。

ハローワーク雇用指導官からの助成金制度・雇用制度の説明を提案する。

9月下旬 仕事の創り出しを提案する。
10月上旬

仕事の創り出しを参考に、求人情報(案)を作成し、提案する。

障害特性の概要を説明する。

11月中旬

川崎市内就労援助センター 支援員向けの見学会を提案する。

その後、就労希望者向けの見学会の提案をする。

12月上旬 荏原工業洗浄株式会社より、社内の役員・幹部社員向けに講義もしくは教育の希望があり、
神奈川県障害者雇用促進センターに打診をする。管理者向け、及び現場社員向けの出前講座を提案する。
2020年1月

職場体験実習の提案をする。

・実習前の面談を提案する。

・実習を行うにあたっての注意点、ポイントを整理し、提案する。

3月

面接を実施するにあたってのポイントを整理し、提案する。

4月

雇用開始


荏原工業洗浄株式会社での出前講座の様子です。


【雇用までのポイント】

荏原工業洗浄株式会社の担当者様と、センターの担当と連絡を頻繁に取り合い、進捗状況の確認を行っていました。

ポイントは荏原工業洗浄株式会社の担当者様が、研修会に参加するなどして積極的な情報収集を行い、知識を積み上げ、社内に周知いただいたこと。そして丁寧な仕事の創り出しを行い、働きやすい職場環境を作っていただいたことです。私共が提案した各事項(50項目)を、一つひとつ積み上げていただき、不安から安心へつながりました。

また、社内の皆様に神奈川県障害者雇用促進センターの出前講座を受講いただきました。職場体験実習の際には、誰もが温かく接してくださいました。雇用後も特に問題なく、迎え入れていただいています。

2020年4月に就労を開始しました。その直後に、感染症による緊急事態宣言が発令され、テレワークによる在宅勤務になりました。センターでは、雇用当初の企業様へのアドバイスを欠いていました。その一方で、担当者様がこまめに、就労者と連絡を取っていただいていました。(現在は通勤勤務です。)

就労者と荏原工業洗浄株式会社の担当者様とは定期面談では、体調の確認、業務内容や業務量の確認をしています。就労が安定すると、また新たな配慮事項や課題が発生してきます。そこを担当者様が面談のなかで認識して、改善をしています。

 

引き続き担当者様と就労者、支援機関の三者がきれいなトライアングルを創れるように、センターでは随時、寄り添い支援を行っていきます。


ダウンロード
企業応援通信=荏原工業洗浄株式会社 雇用事例紹介
荏原工業洗浄株式会社の障害者の準備から採用、就労までの詳しい経緯を記載しています。
企業応援通信 荏原工業洗浄様.pdf
PDFファイル 572.0 KB